女性の髪と頭皮に優しい白髪染め | 成分と口コミの比較

髪と頭皮にやさしい白髪染めを選ぶポイント

 

1.天然素材の染料が使われているか。

 

髪を染める天然成分としては、クチナシ・紅花・藍(アイ)・ヘナ・ウコン・シコン・
アナトー・褐藻エキス(クロメ)などがあります。

 


 

 

2.キューティクルを守る成分が含まれているか。

 

キューティクルを守る成分としては、アボガド油、ホホバ油、オリーブ油などの
植物系オイル真珠貝由来成分(加水分解コンキオリン)、羊毛由来成分
(ヒドロキシブロピルトリモニウム加水分解ケラチン)などがあります。

 

 

シリコンもキューティクルを守り髪にツヤを出すはたらきがありますが、痛んだ髪
につけると逆にキューティクルをはがしたり、頭皮の毛穴を詰まらせ皮脂分泌が
できなくなり、抜け毛の原因になったりします。

 

 

そのため、シリコンは最近、シャンプーやトリートメントにあまり使われなくなっています。

 

 

その他、キューティクルは、紫外線によってもボロボロにされるので、紫外線吸収剤
が含まれることもあります。

 

 

3.頭皮に良い成分は含まれているか。

 

頭皮に良い成分には、保湿成分、炎症やかゆみを緩和する成分、抗菌成分
皮脂分泌成分、抗酸化成分、角質柔化成分などがあります。

 

 

4.口コミで良い評価を得ているか。

 

 

5.使用する頻度、白髪染めにかかる時間が生活スタイルに合っているか。

 

 

6.返金保証があるか、お試し品があるかどちらかになっているか。

 

 

7.お小遣いの範囲で購入できるか。

 

 

 

 

白髪染めトリートメントの人気ランキング

 

 

利尻ヘアカラートリートメント

天然染料配合。髪の毛と頭皮に良い天然成分が充実。  週2〜3回のご使用で綺麗な色に仕上がります。

 

通常3240円のところを初回限定で2160円(税込・送料540円)

 

⇒利尻ヘアカラートリートメント

 

ラサーナヘアカラートリートメント

天然染料配合。キューティクルを保護しながらWカラー方式でしっとりと仕上げます。週2〜3回のご使用で色持ちします。

 

初回2,480円 定期2本セット5120円(税込・送料無料)  

 

⇒ラサーナ ヘアカラートリートメント

 

 

POLAグローイングショットカラートリートメント


POLAオリジナル成分「黒米エキス」で自然な発色。14種類のアミノ酸等の毛髪補修成分配合。週1〜2回のご使用で上品な色に仕上がります。


単価3132円(税込・送料無料) 定期購入なし



⇒グローイングショット カラートリートメント

ルプルプヘアカラートリートメント


育毛成分のフダイコンエキスが配合。お手頃な価格で
人気のヘヤーカラートリートメントです。週2〜3日の
ご使用で色持ちします。全額返金保証制度有り



初回1980円(税込・送料無料) 2本まとめ定期3240円(税込・送料無料)



⇒【ルプルプ通販サイト】ガゴメ昆布の白髪染め

 

 

 

 

 

ヘアーカラートリートメントの私から見たオススメ度



 

私から見たオススメ度の順位で1位にくるのが、やはり人気の高い
利尻ヘアーカラートリートメントです。

 

 

成分の効能では、ラサーナヘアーカラートリートメントのほうが上回っています
が、口コミでは利尻ヘアーカラートリートメントのほうが上回っています。

 

 

また、お値段的にはほとんど同じですが、利尻ヘアーカラートリートメントのほう
は全額返金制度がついているので、はじめての方にはそちらのほうがよいと思
います。

 

白髪染め

 

 

 

 

 

私個人的には、着色具合と色持ちのよさ、髪のサラサラ度などからして
ラサーナヘアーカラートリートメントのほうが気に入っております。

 

 

ただ、定期購入と返金保証制度がないので、はじめての方にはどうかと思います。

 

ラサーナ

 

 

 

 

 

グローリングショットヘアーカラートリートメントは、大手化粧品メーカーの
POLAから発売されているブランド品です。

 

 

一流メーカーだけあって品質も良く、着色も上品な仕上がりで色持ちもよいです。

 

 

ただ、定期購入や返金保証制度がないのが残念です。

 

 

 

 

 

 

最後に、ルプルプヘアーカラートリートメントは、コスパ的に他を圧倒しているた
め、根強い人気があります。

 

 

毛母細胞を活性化したり頭皮環境を整える成分が配合されているのですが、
刺激の強い界面活性剤を配合しているので、お肌が敏感な方にはオススメしま
せん。

 

 

また、着色具合は悪くはないのですが、他のヘアーカラートリートメントと比べて
色落ちが早いようです。

 

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

 

 

 

 

 

以上、私からのオススメのポイントをまとめますと次のようになります。

 

 

 

はじめてヘアーカラートリートメントを使う方には

⇒利尻ヘアカラートリートメント

 

 

 

色持ちの良さとトリートメント効果を重視される方には

⇒ラサーナ ヘアカラートリートメント

 

 

 

 

上品な色の仕上がりが好きな方には

⇒グローイングショット カラートリートメント

 

 

 

 

肌が特に敏感というわけではなく、コスパ面を重視される方には

⇒【ルプルプ通販サイト】ガゴメ昆布の白髪染め

 

 

 

 

 

髪と頭皮を痛める市販の白髪染めヘアカラー

 

市販されている白髪染めは、おしゃれ染めのヘアカラーと同様で2剤式になって
いて1剤と2剤を練り合わせて髪に塗るタイプのものがほとんどです。

 

 

1剤には、酸化染料アルカリ剤の成分が含まれています。

 

 

アルカリ剤は、髪の表層部にあるキューティクルを開き、染料が髪の内部に浸透
させるはたらきがあります。

 

 

このときに髪のキューティクルを痛めてしまいます。

 

 

 

また、酸化染料にはジアミンという成分が含まれます。

 

 

ジアミンは、2剤の発色を良くするはたらきある反面、頭皮にアレルギー症状を
引き起こすだけでなく、発がん性物質の一種です。

 

 

他方、2剤のほうは、過酸化水素水という成分が含まれています。

 

 

過酸化水素水は、いったん髪のメラニンを脱色し、1剤の染料と酸化反応して
黒色や褐色に発色します。

 

 

このときに注意しなければならないのは、白髪になっていない黒髪まで脱色して
染色しているということです。

 

 

 

白髪になるのは老化現象ですから、黒髪のメラニン色素を脱色してしまうことは
老化を早め白髪を増やすことになります。

 

 

さらに、過酸化水素水は、漂白剤や殺菌剤としても使用され、非常に刺激が強い
薬品です。

 

 

そのために、 頭皮を乾燥させたり炎症を起こすことがあり、ヘアカラーを塗ると頭皮
がヒリヒリすることがあるのは、このためです。

 

 

以上、市販のヘアカラーの欠点を述べましたが、格安で簡単に白髪染めができる
からといって副作用があることをを考えると、やめるべきでしょう。

 

 

白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの違い

簡単に言えば、白髪染めシャンプーは、髪を洗いながら白髪染めをし、白髪染め
トリートメントを髪に潤いをもたらしながら白髪染めをするという違いがあります。

 

 

白髪染めシャンプーは、ふつうにシャンプーするだですが、白髪染めトリートメント
は30分くらいかけてしますので手間がかかります。

 

 

染色の度合いは、白髪染めシャンプーが毎日することで序々に色が濃くなるのに
対して、白髪染めトリートメントのほうは1回でしっかりした色が付きます。

 

 

色落ちについては、白髪染めシャンプーのほうは、徐々に染色されていきますので、
色落ちしにくいですが、白髪染めトリートメントのようは色落ちしやすいです。

 

 

白髪染めのやり方には、2剤式ヘアカラーとシャンプーとトリートメントの3つ
があります。

 

 

2剤式ヘアカラーはオススメしませんので、シャンプーかトリートメントの
どちらかまたは1つをオススメします。

 

 

1つだけ選ぶのであれば、白髪染めトリートメントをオススメします。

 

 

手軽さだけだと、白髪染めシャンプーが便利ですが、浴室が染料で汚れ毎日掃除
する手間がかかることを考えると、白髪染めトリートメンのほうが良いと思います。

 

 

両方使い分けて使用されるのであればく、白髪染めシャンプーを1〜2日ごとに
され、白髪染めトリートメントは週1回程度もするというやり方もあるでしょう。

 

 

 

ただし。ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアですので、色落ちしやすいと
いう欠点があります。

 

 

すすぎが不十分だったりすると、髪に吸収されなかった色素が寝具に色移ったりり
することがあります。

 

 

しっかりと洗い流したあとにドライヤーできちんと乾燥すれば色落ちしなくなります
ので、十分なすすぎと乾燥は習慣づけていきましょう。

 

 

 

 

 


 
ホーム 天然染料ヘナ 白髪染めシャンプー 髪に良い食生活 髪と頭皮のツボ