低刺激で色持ちの良い白髪染め | 成分と口コミの比較

白髪染めと育毛剤の併用は大丈夫か?

私もしていますが、白髪染めと育毛剤を両方使うのは、まったく構いません。

 

 

白髪染めには、酸化染料ジアミンや界面活性剤ステアリルトリモニウムブロミド
などの有害で刺激的な成分が含まれることがあります。

 

 

市販の2剤式ヘアカラーなど毛髪と頭皮を痛めやすい白顔染めをしていると、
毛髪と頭皮を痛めます。

 

 

頭皮に炎症があるとそこからは新しい毛髪は生えてきませんので、それを放置する
ことは、抜け毛の原因になります。

 

 

ヘアーカラートリートメントでも育毛成分が含まれているほうが、毛髪と頭皮を痛め
ませんので、刺激的な成分が含まれている白髪染めはできるだけ避けたほうがよい
です。

 

 

育毛剤には、頭皮の炎症を鎮めたり、血行を促進する成分が含まれています。

 

 

したがって、育毛剤によって頭皮を健康な状態にすることは抜け毛・薄毛を防ぐ
ことができます。

 

 

それから、白髪染めをした日に育毛剤をつけて大丈夫かという質問もよくあり
ますが、白髪染めで痛んだ頭皮や髪の毛を育毛剤でケアしてくれますし、
育毛剤は毎日つけるものです。

 

 

 

 

 

 

上手な育毛剤の選び方

 

育毛剤でも、育毛クリニックなどで処方される AGA治療薬のように副作用
がある成分が配合されているものは、オススメしません。

 

 

一般に、市販されている男性育毛剤や男女兼用育毛剤やは、脱毛因子の
男性ホルモンDHTのはたらきを抑制する成分がが含まれていることが多いです。

 

 

女性の体内にも男性ホルモンはありますが、男性ほど男性ホルモンのはたらきが
強くないため、女性には女性ホルモンの乱れや減少に対応した育毛剤のほうが
よいでしょう。

 

 

また、男性育毛剤や男女兼用育毛剤のお値段は高く、女性のお小遣いで
購入できる範囲を超えているのではないでしょうか。

 

 

それに比べ、女性育毛剤であれば、お小遣いの範囲で購入できるものが多い
です。

 

 

女性育毛剤を選ばれる際は、天然植物配合の無添加で女性の頭皮にやさしい
育毛剤を選ばれることをオススメします。

 

 

 

詳しくは、私自身の体験をふまえてこちらのサイトで紹介していますので、
よろしければ、ご参考にしてみてください。

 

 

⇒ 女性の頭皮にやさしい育毛剤 | 成分と口コミの比較

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
ホーム 天然染料ヘナ 白髪染めシャンプー 髪に良い食生活 髪と頭皮のツボ