白髪になる原因 | 食生活と生活習慣の改善で防ぐ

白髪になるのはメラニン色素の不足が原因

髪の毛は元々白色で、髪の毛が成長する段階でメラニン色素で色つけされ黒色
になります。

 

 

メラニン色素は、毛根の一番下にあるメラノサイトという細胞で作られています。

 

 

メラノサイトがあれば自動的にメラニン色素が作られるというわけではなく、
メラニン色素を生成する際に、チロシンという栄養素とチロシナーゼという酵素
が不可欠になります。

 

 

なんらかの理由でこのチロシナーゼが充分に働かず、メラニン色素が作られにくく
なると、髪の毛に色をつけることができずに白髪が発生することになります。

 

 

 

 

メラニン色素が不足する原因はいくつも考えられます。

 

・10代・20代の白髪は、遺伝の影響もあります。

 

・苦労やストレスによってメラニン色素が破壊される。

 

・メラニン色素を合成するための栄養が不足している。

 

・老化や生活習慣によってメラニン色素が減少する。

 

 

 

メラニン色素は体内でつくられますが、必要な栄養素や成長ホルモンの分泌が
ないとうまく作られなくなります。

 

 

そのため、ストレスを解消し、食生活や生活習慣を改善することは、白髪を防ぐ
ために必要なことです。

 

 

 

 

10代・20代の若白髪は遺伝が原因か?

10代・20代の若白髪は遺伝が原因とよく言われますが、髪全体が白髪になるわけ
ではなく、頭髪の中に白髪がまれに混じる程度です。

 

 

これを遺伝だからと言ってしまえば、それまでですが、それ以外の原因もあるのでは
ないでしょうか。

 

 

若くてもストレスが多かったり、生活習慣が不規則だと、白髪だけでなく抜け毛も
多くなります。

 

 

ですから、白髪を遺伝と決めつける前に、改善できるところを改善することは、
1つずつ改善していきましょう。

 

 

特に、女性の場合は白髪があると、パーマをかけると目立つのではないかとか
派手な服装は似合わないのではないかとおしゃれにも消極的になったりします
ので、白髪にならないような生活をすることが大切です。

 

 

 

苦労やストレスはメラニン色素を破壊 | 有酸素運動によって白髪を予防

昔から「白髪が多い人は苦労している人」というイメージがあり、まるで白髪イコール苦労のように思われています。

 

 

実際に苦労の多い人は白髪が多くなる傾向があります。

 

 

何故苦労が多いと白髪も多くなるかについては、苦労からストレスが多くなると体内に活性酸素がつくられメラニン色素が弱められたり破壊されたりするからです。



 

また、ストレスは血行不良をもたらし毛母細胞や毛根に必要な栄養素や
メラニン色素を送り届けることができなるからです。

 

 

しかし、「若い時の苦労を買ってでせよ」という格言もあるくらいで、
苦労を毛嫌いしていると大成できないこともあるでしょう。

 

 

このあたりになると個人の考え方の問題になりますが、苦労をすることは苦に
しないが、ストレスをためないように、普段から余暇を楽しむとかスポーツをする
などの工夫ができるとよいと思います。

 

 

なお、スポーツをする場合は、ウォーキングやジョギング、水泳などのあまり呼吸
が苦しくなくゆったりとできる有酸素運動がいちばんよいです。

 

 

 

20分程度の有酸素運動をすることで、血流がよくなり毛母細胞や毛根に
必要な栄養素を送り届けることができるだけでなく、メラノサイトの色素工場
やメラニン色素を生成する酵素ややも活発になり白髪を防ぐことができます。

 

 


白髪を防ぐ食生活 | メラノサイトに必要なチロシンを摂取

毛根の一番下にあるメラノサイトという色素工場で、チロシンという栄養素と
チロシナーゼという酵素が合体することでメラニン色素がつくられます。

 

 

有酸素運動をして血行を良くしたら、次に毛母細胞の中にあるメラノサイト
に必要な栄養素チロシンを送り込むことが白髪を防ぐ食生活になります。

 

 

チロシンを含む食材をあげると、大豆や大豆から作られた食材、チーズに
多く含まれます。

 

 

 

 

また、チロシンの吸収率を高めるには、ビタミンB6・ビタミンB9を取るとよい
ことが分かっています。

 

 

ビタミンB6は、マグロやカツオなどの青魚やレバーなどに多くふくまれます。

 

 

ビタミンB9は葉酸ですが、葉酸は、レバー、緑黄色野菜、果物などに多く
含まれる水溶性のビタミンです。

 

 

ただ、ビタミンB6・ビタミンB9を一時に取りすぎると、血液に吸収されずに
排出されますので、少しずつこまめに取るのがよいです。

 

 

 

睡眠時間を十分にとって成長ホルモンを促す

メラニン色素が作られるためには、色素工場のメラノサイトで酵素のチロシナーゼのはたらきが活発である必要がありますが、そのためには成長ホルモンの分泌がきちんとされていないといけません。

 

 

人間の成長ホルモンは、午前1時頃がもっとも活発に分泌されます。

 

 

しかも、熟睡しているほど分泌が活発になります。熟睡するのは睡眠後1〜2時間
後ですから、午後11〜12時には睡眠に入るのがよいです。

 

 

生活が夜型になっていたりすると、成長ホルモンの分泌がうまくいかなくなり、
メラニン色素の生成だけでなく、抜け毛が多くなったり体全体の不調をもたらす
ことになります。

 

 

ですから、白髪を防ぐには規則正しい生活態度をとることが大切です。

 

 

 



 
ホーム 天然染料ヘナ 白髪染めシャンプー 髪に良い食生活 髪と頭皮のツボ